インフルエンザの症状は、実は子供と大人で違うのでは?と考え色々と調べてみました。子供は結構風邪やインフルエンザになりやすいので、もしかしたら風邪と思っていたらインフルエンザだった!ということでは大変です。きちんと子供を見て判断しましょう。

症状の違うインフルエンザにかかっている大人と子供

インフルエンザと負担金と変異のこと

インフルエンザは毎年流行する恐ろしいものですが、その流行も、大流行の年と、例年通りの年とに分かれるケースがあります。

この理由はというと、インフルエンザは変異を起こすとても厄介な細菌であることからです。

豚小屋などからインフルエンザが出てくるケースがあるとされていますが、このような豚小屋などの密封された空間、さらに乾燥した空間、このような空間が新たなインフルエンザの細菌を生み出すことがあるとされており、他にもいろいろな変異の理由がありますが、なぜ、いつ、どのように新しいインフルエンザの細菌が出てくるのか?はまだしっかりとは明らかにされていません。

そのため、研究者の方々が懸命に調べ、また新しいワクチンなどを作っても、その新しいワクチンに効果のあるインフルエンザも、当然ながらあるのですが、それ以外の新種のインフルエンザには、変異による細菌のため、それらのワクチンが効かないという厄介な面があります。

また、負担金については、お年寄りの方がこのようなインフルエンザにかかってしまった場合には、かなりの重症となること、万が一には命を落としてしまうという危険性があるため、そのことを防ぐために、ある一定の決められた年齢などの方々には、国などから負担金が出る形で、ほぼ無料でワクチンを打つことが出来ます。

この負担金については、上記のような一定の決められた年齢を過ぎてしまってから、無償で受けたいと言っても、その際には負担金は下りないため、注意が必要となります。

その後の年齢、またはその前の年齢などは、他の方々と同じように国などからのワクチンへの負担金が無しで、希望者の方のみワクチンを打つ、このような形になっています。

上へ戻る